banner

3周年記念企画やってます★
(↑バナークリックで記事にとびます)



スポンサーサイト

--.--.--(--:--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

おなかの中の赤ちゃん

2007.02.09(09:05)
1/28(日)
070128-1_yuki

妊娠5ヶ月のプレママけいことランチ☆

ゆうきには「けいこのおなかの中には赤ちゃんがいるんだよ」って教えてて、
ほんとは家に来てもらいたかったみたいだけど
「いっぱい歩いて疲れたら赤ちゃん苦しいからまた今度にしてもらおうね」って言ってて。

赤ちゃん大好きのゆうきは、おなかいっぱいになるとすぐけいこのおひざに移動して、
ほんのりふくらんできているおなかにさわって「あかちゃんいるのー?」と興味津々。

「そうだよ、赤ちゃんいるよ」って答えが返ってきたら、
「なんでまだでてこないの?」
苦笑して答えに詰まるけいこ。
「まだ赤ちゃん小さいからもっと大きくなってから出てくるよ」と言われて
「ゆうきはねー、はやくでてきたかったからでてきたの」だって!

確かに早めに生まれてきたけど。
早産になりそうだったのを薬でぎりぎり正期産までもたせたくらいだけど。
覚えてたのかなぁ?
ほんとに、早く出てきたいってがんばってたのかな??
それなら嬉しいな♪


これまでに「胎児のときの記憶」を聞こうとしてみたりしたんだけど
なんかいつも曖昧でどこかできいたことを繰り返してるような感じで
自分からこんなこと話したの初めてだ。

まぁ、単に、「ゆうきはもうとっくにでてきてるよ」って言いたかっただけかもしれないけどね。

<<髪が~~!! | ホームへ | 自分ではけるかな?>>
コメント
りょうは、ゆうを妊娠中も、全くそういう「赤ちゃんいるの?」みたいな発言をしなかったんですよね。生まれてからビックリ、みたいな(笑)。
だから、胎内記憶も結局聞けないまま、四歳になってしまいました。残念…。
ゆうは女の子だし、そういうお喋りしてくれるかな? 今から期待しています。
「はやくでてきたかった」とか言われたい♪ うちの子も二人とも予定日より二週間程早かったんです~。
【2007/02/09 13:54】 | ASKA #jhC0J7jE | [edit]
ゆうきちゃん、賢いよね。本当におなかの中にいたのを覚えてたみたいで(笑)。

でも、まきってゆうきちゃん産むとき、早めだったんだー。
私は自分の子、遅く産まれると踏んでいるんだけども、早いと慌てちゃうよね。
【2007/02/09 21:44】 | はせけい #- | [edit]
>ASKAさん
ゆうきもだいきがおなかにいたときは興味ありませんでしたよー。
まぁ、まだ何もわからなかったんでしょうけど。
胎内記憶って言うよりまわりのお友達の赤ちゃん見て
自分もそうだったの?って思って言っているような気もします...
ゆうちゃん、胎内記憶はなしてくれるといいですね!
【2007/02/10 14:19】 | maki #- | [edit]
>はせけい
なめらかに話しすぎるところが作り話っぽくてあやしいわー。
まだ自分でも聞いたことと記憶とごっちゃになってわかんなくなりそうだしね。

そういえば産んだときの話とかしたことなかったね。
ずっと切迫早産気味だったから2人とも早めだったんだよ。
今度ゆっくり話すね!!
【2007/02/10 14:20】 | maki #- | [edit]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://makimemo.blog73.fc2.com/tb.php/204-26fbb38d
| ホームへ |
プロフィール

maki

Author:maki
ゆうき:2003年11月生まれ
だいき:2005年2月生まれ

メッセージはこちらから

Ranking

★ランキング参加してます★
FC2blogランキング
子育てブログランキング
人気blogランキング
子育てブログ

ファイブ ブログランキング

↑投票よろしく☆
 クリックしてね!!

↓置手紙もはじめました↓
おきてがみ

最近の記事+コメント

最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
あぐパラ

agu2-bana07
↑あぐパラ専用サイト
通常販売開始しました!!

agublog-bana
↑あぐパラスタッフブログ

SNS

すくパラ倶楽部参加してます↓


BlogScouter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。